匠工房 阿宮 生簀網の取扱方法
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
生簀網の取扱方法
- 2013/08/12(Mon) -
この網で目高を掬うと傷つきませんかとご質問が御座いました


そこで取扱方法をご説明致します生簀網は水槽内の目高さんを捕獲する為の補助網とお考え下さい

では詳しく説明させて頂きます

水槽内の目高を掬うのに小さな網では中々捕獲できず追っ駆け回すばかりで

体力的に弱らせてしまうのではと考えました

生簀網は網枠の大きさを最大に利用し死角である下からそっと持ち上げると言う作業により

目高にすれば気がつけば網の中に居たと言うふうに製作致しました

また下から持ち上げる作業の手助けとして網枠とシャフトに15度程角度を付け作業をしやすく設定しております



IMG_8998.jpg



画像のように掬った網は水面より上に持ち上げるのでなく目高が網から逃げ出さない程度持ち上げます

名前の通り生簀状態を作ります

この状態で健康状態のチェックなどが行えます




移動に関しましては





R0010712.jpg


目高専門店で売られてる網や皆様が所有されておられる捕獲網で生簀網内よりお掬い下さい

それでも大切な目高が気になる方には



R0010713.jpg


小鉢やレンゲなどで飼育水と一緒に掬って下さい

容器からの開放にはひっくり返すのではなく自然に目高が泳ぎ出るよう優しくお願いします




この生簀網ですが目高用として網底を浅く製作致しましたがローキーズ神戸店の

エビ派のお客様にもエビが一度に多く掬えると好評のようです



ローキーズ神戸店様ではサンプルをご用意しておりますのでお手に取ってみて下さい



今回のお取扱説明はあくまで私の理想的な説明で御座いまして生簀網で目高を直接掬い出しては駄目と言うものでは御座いません

自己責任の下でご判断して頂きご使用下さいますようお願い致します
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<本日より | メイン | 本日 二日目でございます>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://takumikoubouaguu.blog.fc2.com/tb.php/3-f0d1c895
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。